手作りリムーバー

セルフ脱毛派の方に是非トライして頂きたいのが、最近話題沸騰中の手作りリムーバーです。ナチュラルな化粧品を好む方は、やはり添加物や刺激成分が気になりますよね。脱毛リムーバーともなれば、その刺激もかなりのものです。

 

市販品も皮膚をいたわるような成分を配合するなどスキンケアは考慮していますが、やはり自分で手作りすると手間暇はかかっても何より安心できるでしょう。手間暇がかかる、とは言っても実際に挑戦してみると予想以上に難しくありませんし、材料も身近なものばかりでOKです。

 

作り方は色々ありますが、オーソドックスなものをご紹介しましょう。用意するのは2分の1カップ分のグラニュー糖とお水、それに小さじ半分程度のレモン汁だけです。

 

ミルクパンなどの小鍋にグラニュー糖とお水を入れたら一度沸騰させ、仕上げにレモン汁を加えます。火を加減しながらトロトロした液体になるまで煮詰め、充分にとろみがついたら人肌程度に冷ましましょう。

 

そのままヘラでリムーバーを脱毛したい部位に薄く伸ばし、布やタオルを1分程度貼り付けます。後は市販のリムーバー同様毛の流れとは反対方向に思い切って剥がし、無駄毛をキレイにしましょう。

 

それなりに痛むのがネックで敏感肌には向きませんが、脱毛ローションよりも一気に無駄毛を処理できますし、市販品よりも圧倒的に安く済むのがメリットです。余計な刺激成分も含まれていませんから、普段から着色料や香料などが苦手な方にもぴったりではないでしょうか。