ワックス

脱毛ワックスもセルフ脱毛派の定番アイテムの1つですよね。「できるだけ手早く広範囲の無駄毛を処理したい」、突然のイベント発生時などに大変重宝する脱毛アイテムで、費用もそうかからないのでティーンネイジャーにも人気を集めています。

 

確かに肌への負担はカミソリ同様気になるところですが、急な予定が入ってしまった時には毛抜きで1本1本抜いている暇はありません。

 

ただし、いくら即効性を発揮する脱毛ワックスでも、処理直後の外出は控えた方が良さそうです。特に紫外線被害を受けやすい午前中、ワックスで脱毛したすぐ後に出掛けるのはシミ、シワの原因になる可能性大です。

 

ワックスは基本的にボディー用の脱毛アイテムですが、身体の皮膚は顔よりも丈夫とは言え、脱毛直後に紫外線を浴びることで確実に老化スピードを促進します。
それに刺激に敏感な状態のまま外気に触れることは衛生面からも心配ですし、コンディションが落ち着くまでは肌を休ませるのが理想的です。

 

よくある危険な例としては、夏場ワックスで急遽脱毛し、その後で海やプールに入ること。冬の温泉も同様に脱毛直後の肌にはリスクが高過ぎます。公共の水辺は雑菌がうようよしていますから、普段なら問題なくても過敏になっている皮膚にはハイリスクです。

 

いくら無駄毛がなくても真っ赤に腫れていたりかぶれてしまっては美肌とは程遠い状態ですよね。もし頻繁に肌を露出する可能性があるなら思い切って永久脱毛をするべきですし、ワックスは応急処理程度の使用回数に留めるべきです。