エステの脱毛方法

同じ脱毛エステでも、サロンによってどの方法で脱毛するのかは異なります。デリケートゾーンを一気に脱毛するブラジリアンワックスの脱毛サロン以外、一般的にはレーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛などの永久脱毛が行われます。

 

レーザー脱毛は脱毛エステよりも脱毛クリニックで主流になっている脱毛方法で、基本的には医療機関でしか取り扱うことができないメニューです。

 

名称を変えてエステティックサロンで提供している場合も少なからずありますが、出力に制限があるので医療レーザーよりも弱い威力で施術することになります。当然時間もかかりますし、回数も増える分費用も高額になります。

 

脱毛エステティックサロンで主流になっている脱毛方法は、特殊光線で毛母細胞、毛乳頭を破壊するフラッシュ脱毛でしょう。レーザー脱毛同様色素が濃くない無駄毛や産毛の処理には不向きですが、エステの脱毛部位としてメジャーな脇毛や腕、足の毛、Vラインなどの黒く太い無駄毛には最適です。

 

ただし施術前には脱毛したい部位の無駄毛を沿っておかなくてはなりませんし、ハードな日焼けをしている場合施術できない可能性があります。

 

また、一昔前までは脱毛エステでメジャーだったものの、痛みの強さから現在は敬遠されている脱毛方法がニードル脱毛です。

 

永久脱毛効果に優れている為現在でも芸能人やモデルなどには支持されていますが、強烈な痛みを伴う上、施術前に5mmから10mm前後無駄毛を伸ばしっぱなしにしておかなければならないので、脱毛プログラムが完了するまで苦労する脱毛方法です。