施術の流れ

脱毛クリニックで脱毛メニューをお願いしようと検討している方のご参考までに、医療機関ではどういった流れで脱毛メニューを施術していくのか、順番に追ってみたいと思います。

 

具体的な段取りは各クリニックによって異なりますが、最初は電話もしくはウェブから予約を入れた後、実際にクリニックを訪れてカウンセリングを受けます。

 

このカウンセリングも脱毛エステティックサロンとは異なり、契約前提で行われます。つまり、もし契約しない場合でもカウンセリング代はともかく初診料は必ず支払わなければならないと言うことです。

 

もちろん良心的なクリニックでは初診時にレーザーのテスト照射をしてくれますし、どれぐらいの痛みが発生するのかを確かめた上で脱毛プログラムに取り組むかどうか決めさせてくれるようです。

 

その後脱毛メニューを開始する場合、シェービングで脱毛部位の無駄毛を剃ります。そして剃毛後皮膚を落ち着かせている間に、ドクターが1人1人の患者さんの肌や毛の状態、質、量などを確かめ、どれぐらいの出力でレーザーを照射するのかをコントロールします。

 

このあたりの見極めスキルが優れているのが医療機関のドクターで、あまり医療的な知識の乏しいエステティシャンだと威力の強いレーザーや光線を出しすぎて、火傷や炎症などの肌トラブルを起こしがちです。

 

脱毛部位をマーキングした後、火傷を予防し痛みを緩和する為のジェルを塗布し、レーザーが照射されます。仕上げに炎症を抑え肌を沈静化する薬を塗って終了です。